【ダーツ】セットアップの作り方/再現性【上達法】

Dartsに関する記事
おしょまる
おしょまる

この記事では「セットアップと再現性」について書いています!

あくまでも、参考程度にね。
僕が取り入れてるってだけの話なんで。

PDCトッププレイヤー

まずは、参考程度にこれをみてもろうて。

じゃー、次これみてもろて。

どーっすか?

海外のトッププレイヤーの共通として。
セットアップ時に、「肘」から作ってるのが分かると思う。
分かるかな~?①肘→②構える。みたいな感じ。

どーっスか?

みんな共通として
肘からセットアップを作ってる様に見えない?

僕が思うに、大体のダーツプレイヤーは
そのままセットアップをしてる様に思う。

これが悪いって言うわけじゃなくてね。

もちろんPDCのトップにも普通にセットアップする選手はいるのよ。

Durrantは、そのままセットアップしてるように見える。
「肘と構える」を同時に行ってると思う。

だから、一概には言えないし、ただ、僕が思うだけであって。

肘からセットアップを作る理由

横ズレ対策

僕も今までは、何も考えずに
セットアップして投げてたんだけど。

全く同じ様に投げてるるもりでも
横ズレが起きる事が多々あって。

原因は、ココだけじゃないけどね。
一つずつ潰していく意味として。

同じ様に投げてても、肩から肘の間で
力む事があって悩んでた。

そこから、肘からセットアップを作る様にを心掛けたのよ。

腕が軽く伸びた状態で構えると
自然と腕が振れる様になって
力みによる突っかかりが無くなる。

すっごい楽に投げれるのよ。
僕の場合はね。

きんに君が緩んだ状態で投げようとすると
逆に力みに繋がるのかも知れないね。

0から急に力が入るから…。みたいな?
わからんけどな…(´゚д゚`)

もちろん、それがダメだーって言う人も必ずいると思う。

それに最初は、絶対に難しいと思う。
肘からセットアップを作ると自然と前に構える感じになるし。

テイクバックの最下点も変わってくる。
感覚が違ってくるから。
でも、試してみてもいいとは僕は思うよ。

ルーティン

2つ目が「ルーティン」
ココがメインになると思う。

「再現性」を求めるなら
ルーティンは外せない。

毎回、同じ事を繰り返す。
これに尽きると思う。

海外のトップニキ達は
ココがすんごい。

肘を支点に構えると
僕の場合はイメージも作りやすい。

んじゃッ!

今回はこの辺で。
またね~(‘ω’)ノ

もし、良い記事だと思ったら
「いいね」押してもらえると
すごい嬉しいです!
宜しくお願いします!

Twitterフォロー宜しくお願いします!

コメント

PAGE TOP